肝臓癌の治療

肝癌の治療には手術とラジオ波焼灼療法の他にもあります

肝癌の治療には手術とラジオ波焼灼療法が、今、もっともポピュラーな治療法になっていますが、その他にエタノールを注入して壊死を起こさせたり、肝癌に栄養を送っている肝動脈を詰めてしまったり、抗癌剤を流したりといった治療法があります。肝癌を早く見つけて治療することが大事なのですが、肝癌にならないように予防するということが、肝癌を減らすためには非常に大事な事だと思います。

肝癌の原因は9割以上が肝炎ウイルスによるもの

肝癌の原因は、9割以上がB型肝炎、C型肝炎の肝炎ウイルスによるものです。その中でも、C型肝炎が約8割を占めています。逆を言えば、B型肝炎、C型肝炎のウイルスを持っていなければ、肝がんになるリスクは極めて低いと言えます。

肝炎ウイルスを持っている方は、採血してAFP、AFPのレクチン分画(AFP-L3)やPIVKAⅡといった腫瘍マーカーの血液検査と、超音波やCT検査等の画像的な検査を定期的に行って、早期の段階で見つけるということが大切だと思います。